こたつ布団とお別れする猫-ゆきお

今週月曜日に自宅にいる妻からLINEで届いた我が家の飼い猫ゆきおの寂しい写真。

こたつ布団がなくなったこたつに近寄る猫-ゆきお
こたつ布団がなくなったこたつに近寄る猫-ゆきお。

妻からは、「ついにこたつ布団とお別れです...」というメッセージが添えられていた。

もう夏のような暑さになることも多いこの時期に、まだこたつ布団を使っていた我が家も、ついにこたつ布団をしまうことになったようであった。

妻によると「昨夜何故か自らゲージに入り、暑いのかだらけた姿勢でゆきおくん寝ておりました」ということで、妻としては昨夜のゆきおの暑そうな様子を見たことで、こたつ布団との「決別の決意がかたまった瞬間です」という決断をするに至ったようであった。

名残惜しそうに洗濯前のこたつ布団に鎮座する猫-ゆきお
名残惜しそうに洗濯前のこたつ布団に鎮座する猫-ゆきお。

こたつ布団が撤去されたことが原因かどうかは分からないけれど、その後、ゆきおは妻のお腹や膝の上によく飛び乗ってきて、ゴロゴロしているらしい。

猫に甘えて欲しかったら、猫が大好きなこたつ布団を撤去すると良いのかもしれないと思った。

  

前へ

漫画『たくあんとバツの日常閻魔帳』の第1話、第2話を読んだ感想

次へ

腕モフな猫-ゆきお、妻にべったりくっつく