お腹や膝の上に前脚を置いて紐を口でくわえて引っ張る猫-ゆきお

本日、妻から届いた我が家の飼い猫ゆきおの面白い写真。

飼い主のお腹の上で前脚を揃えて紐を口で引っ張る猫-ゆきお
飼い主のお腹の上で前脚を揃えて紐を口で引っ張る猫-ゆきお。

この紐は、妻が来ている服(パーカー?)の首元から出ているものだろう。

飼い主の両膝に前脚を置き、顔をよじらせながら紐を口で引っ張る猫-ゆきお
飼い主の両膝に前脚を置き、顔をよじらせながら紐を口で引っ張る猫-ゆきお。

顔の表情から、ゆきおの必死さが伝わってくる。

前脚の位置がお腹よりも上位に位置する膝の上に変わったことで、より強く紐を引っ張れるようになったように見える。

猫の頭脳でも、これぐらいは考えられるようだ。
いや、猫だからこそか。
賢い!

飼い主の片膝の上で前脚を揃えて紐を口で引っ張る猫-ゆきお
飼い主の片膝の上で前脚を揃えて紐を口で引っ張る猫-ゆきお。

紐を口にくわえて斜め上を見ている様子が、どことなく映画俳優がパイプをくわえながら格好をつけたポーズを取っているように見える。

このまま、ゆきおが何かきめゼリフを言いそうな予感。

妻に確認したところ、ゆきおは、何も言わず、黙々と紐を引っ張り続けたようだった。

飼い主の片膝の上で前脚を揃えて踏ん張り、紐を口で引っ張る猫-ゆきお
飼い主の片膝の上で前脚を揃えて踏ん張り、紐を口で引っ張る猫-ゆきお。

上体を反らして紐を引っ張る様子に執念を感じた。

ゆきおが紐好きなのは知っていたが、このような執念ぶりは初めて見たかもしれない。

妻の上向きに寝転がって膝を立てている姿勢が、いつもとは違う紐遊びができて、猫なりに楽しかったのかもしれない。

  

前へ

逆さまになって緑色の目で見つめてくる猫-ゆきお

次へ

ゆきおハウスの中から睨んでくる猫-ゆきお