PostgreSQLで平方根を求める方法 - sqrt関数を使用

PostgreSQLで平方根を求めたい場合、sqrt関数を使用すれば簡単である。

《例:正の整数の平方根を求める場合》
neko_database=# select sqrt(0),sqrt(1),sqrt(2),sqrt(3),sqrt(4),sqrt(5);
sqrt | sqrt | sqrt | sqrt | sqrt | sqrt
------+------+-----------------+------------------+------+------------------
0 | 1 | 1.4142135623731 | 1.73205080756888 | 2 | 2.23606797749979
(1 row)

《例:正の小数の平方根を求める場合》
neko_database=# select sqrt(0.01),sqrt(0.02),sqrt(0.03),sqrt(0.04);
sqrt | sqrt | sqrt | sqrt
---------------------+---------------------+---------------------+---------------------
0.10000000000000000 | 0.14142135623730950 | 0.17320508075688773 | 0.20000000000000000
(1 row)

《例:負の整数の平方根を求める場合 ※求められない》
なお、試したところ、負の数の平方根を求めることはできないようだった。
neko_database=# select sqrt(-1);
ERROR: cannot take square root of a negative number
虚数という考え方は、このsqrt関数にはないようである。

  

前へ

PostgreSQLで立方根を求める方法 - cbrt関数を使用

次へ

PostgreSQLで円周率の定数を使用する方法 - pi関数を使用