電子レンジの中から見つめる猫-ゆきお

小学4年生の娘が、「ゆきおが最悪なことをしよる!」と叫んだ。

私に、台所に来て、と娘が言ってきたので、台所に言ってみると、電子レンジの中にゆきおが入っていた。

電子レンジの中から見つめる猫-ゆきお
電子レンジの中から見つめる猫-ゆきお。

出かけていた妻に後で聞いたところ、ゆきおが電子レンジでこのように行儀の悪いことをしているのは、初めてとのこと。
しかし、昨月、冷蔵庫の上に登ったゆきおを妻が目撃したとのことで、「ゆきおのドラ猫化が進んでいる」ために、今回のようなことが起きたと家族内で話題になっている。

電子レンジの中から外を見るが目を合わさない猫-ゆきお
電子レンジの中から外を見るが目を合わさない猫-ゆきお。

入ってはいけないところに入ってしまったことを、もしかしたら、自覚しているのかもしれないご様子。

電子レンジの開いた扉の上に立つ猫-ゆきお
電子レンジの開いた扉の上に立つ猫-ゆきお。

扉の上に立つと、自重で電子レンジがひっくり返るかもしれないことに全く考えが及ばないご様子。

この写真撮影のために、今は私が近くにいるから、今この瞬間に電子レンジがひっくり返ろうとしても、今は私が何とかするが、私が近くにいなかったら、電子レンジがひっくり返って壊れるかもしれないし、ゆきおが怪我をするかもしれない。
もし、電子レンジを使用した直後で熱かったら、ゆきおは火傷をしているかもしれない。
とにかく、危険だと思った。

電子レンジの開いた扉を踏み台にして棚を物色する猫-ゆきお
電子レンジの開いた扉を踏み台にして棚を物色する猫-ゆきお。

電子レンジから降りるのかと思いきや、電子レンジの扉を踏み台にして、電子レンジの上の棚を物色し始めるゆきお。
私に怒られないのをいいことに、やりたい放題。
まさに、ドラ猫化が進んでいると感じた光景であった。
ゆきおは、物色しても欲しい物が見つからなかったのか、物色をやめて、電子レンジの上に乗り上がって座った。

電子レンジの上に乗りあがってどこかを見つめる猫-ゆきお
電子レンジの上に乗りあがってどこかを見つめる猫-ゆきお。

出かけていた妻が戻り、電子レンジを掃除していた。
妻によると、普段は、電子レンジの扉は閉まっており、今日はたまたま扉を閉め忘れていて開いていたとのこと。
今後は、電子レンジの扉が開いているかどうかについて、私も注意をしようと思った。

  

前へ

嶝野家具の2016年の福袋の中身と興奮する猫-ゆきお

次へ

MySQLのデータベース一覧をMySQLコマンドで表示する方法