発車が遅れた常磐線快速電車に乗ると、乗り換えの各駅停車でも待たされて眠い

2015年12月16日午前0時33分頃のこと。

上野駅の12番ホームに行くと、取手行の常磐線快速電車が停まっていた。

上野駅が始発駅なので停まっているのは不思議ではないが、乗客達が何やらざわついている様子。

いい予感はしない。

JR上野駅の12番ホーム頭上の電光掲示板ー取手行きの発車時刻が未記入

発車時刻を確認しようと思って、頭上の電光掲示板を見ると、発車時刻が未記入だった。

この場合、電車が遅延していて、いつ発車するか分からない、という意味なので、終電に乗り遅れまいと、会社から新橋駅に走ったりしてきて疲れていたから、がくっときた。

これから、どれだけの時間を上野駅で過ごさないといけないのだろう。

ホームに流れる車掌さんのアナウンス。

「取手行は、遅れている山手線、京浜東北線からの乗り換えが終わりましたら発車します。0時37分頃に発車予定です」

時計を見ると、0時35分。

何だ、あと2分じゃないか。

ほとんど待たなくてよいことが分かり、安堵した。

長い電車の真ん中あたりまで歩き、電車に乗って座席に座ると、間もなく、電車は発車した。

車掌さんのアナウンスによると、今回乗車した電車は、常磐線快速取手行の最終電車で、予定よりも14分遅れとのこと。

発車が遅れた理由は、山手線、京浜東北線で人の立ち入りがあったから、とのこと。

午前1時4分北千住駅発の亀有・金町方面の常磐線各駅停車の電車に乗り換えて金町駅に行けるだろうかと不安になっていたが、楽勝で乗り換えできた。

会社からずっと我慢していたトイレに行く時間的な余裕もあった。

ゆっくりと、北千住駅の千代田線ホームに降りる。

時刻は午前0時50分。

既に松戸行きの最終電車が停車中で、座席はガラ空き状態だったから、遠慮なく、座席に座る。

発車まで14分もあるので、のんびりと待つ。

出発時刻になると、予想はしていたものの、電車は発車せず、車掌さんの申し訳なさそうなアナウンスが流れた。

「この電車...各駅停車松戸行きの最終電車は1時4分の発車予定時刻となりましたが、遅れております常磐線快速電車我孫子行の最終電車、同じく常磐線快速電車松戸行の最終電車の2本の電車との接続をもって発車致しますので、発車が遅れます。この電車の発車予定時刻は1時23分前後を見込んでおります」

毎日のように終電で帰っているのを、今日も改善できなかったのは残念だが、帰れなくなる事態にならなかっただけでも、よしとしたいが、かなり眠くなってきた。

車掌さんのアナウンス。

「発車見込み時刻が過ぎておりますが、常磐線快速電車からの乗り換えのお客様の乗車が終わりましたら、発車致します」

北千住駅を発車したのは、午前1時26分だった。

1時4分発が、22分遅れ。

往復2時間かかるアパートに帰らずに、会社に泊まった方が2時間分の睡眠が確保できてよかったかも。

帰ったら、早く寝たいけれど、お腹が空いてきた。

この時間だけど、何か食べないとなあ。

  

前へ

寝不足は他人にも迷惑がかかるー電車内で立ったまま寝てしまい、倒れかけて思ったこと

次へ

寝ぼけてシャツを3枚重ね着して、パンツをポケットに入れていた