冬の午前6時のJR金町駅付近の風景と忙しさへのささやかな抵抗

現在、2015年12月4日午前6時8分。

2015年12月4日午前6時8分頃のJR金町駅南口付近

JR金町駅南口付近。

バス停にはバスが停まっている。
乗客を待っているのだろうか。

マクドナルドも電気が点いている。

空はまだ薄暗い青色。

これから明るい青空に変わっていくまでの、この薄暗さが、視覚的に心地よい。

一日の始まりと目覚めを空の色合いで感じながら、駅まで歩いていると、眠かった私自身も目が覚めてくる。

JR金町駅南口前

JR金町駅南口。

駅に向かう人々。

私もその一人。

JR金町駅南口から改札口に向かっている様子

この時間は、まだ歩いている人が、少ない。

あと1時間、いや、あと30分遅いと、この通路はもっと何倍もの人口密度になる。

人混みがあまり好きではないので、これぐらいの人通りだと、気楽に歩ける。

2015年12月4日午前6時9分頃のJR金町駅の改札口前の様子

改札口前。

定期券があるので、切符は買わずに、改札口を通る。

発車時刻案内の電光掲示板を見ると、代々木行の電車が6時10分発とのこと。

現在、6時9分。

あと1分もないようだ。

この電車を逃すと寒い駅のホームで次の電車を待たないといけないから、やや早足で代々木行が発車する2番線ホームに急いだ。

間に合わなければ、次の電車でもいいや。

早足とは言え、心はのんびり。

電車には、間に合った。

これから、また忙しい一日が始まるので、心だけでものんびりとしておかなくては。

忙しさへのささやかな抵抗。

  
 

前へ

貫禄感溢れるおっさんのように見える猫ーゆきお

次へ

kindle価格で1円の『超機密 新世紀エヴァンゲリオン 最終報告書』を読んだ感想