大戸屋金町駅前店でさばの炭火焼き定食を頂く

お昼ご飯と朝ご飯が一緒で、パン1つと柿の種のお菓子ぐらいしか食べていなかったからお腹が空いたので、いつもより早く夕食を頂くことにした

今夜は大戸屋金町駅前店(東京都葛飾区金町6-2-1 ヴィナシス金町2階)というお店で夕食を頂くことにした。
(お店には19時頃に入った。入口で順番待ちをしているほど、この時間は混んでいたが、五分ほど待つと中に入ってカウンター席に座ることができた。)

注文したのは、さばの炭火焼き定食。
大戸屋のメニューには「脂がのったさばを炭火で焼き上げ、香ばしい炒り胡麻をふりかけました。特製の昆布酢はさばにかけたり、みぞれ昆布酢にしてお召し上がりください。」と書かれている。
これで、ご飯、味噌汁、お新香、小鉢が付いて、税込858円ということ。

10分も待つと、注文したさばの炭火焼き定食が届いた。

大戸屋金町駅前店で注文したさばの炭火焼き定食

メニューで見た以上に美味しそう。

大戸屋金町駅前店で注文したさばの炭火焼き定食のさばと大豆

焼きさばの上にある炒り胡麻が美味しそうな雰囲気を出している。

また、さばの皿には、わたしの大好きな大豆もあった。
小鉢にはおからが入っていた。これも好き。

注文時に、ご飯は五穀米であれば無料で大盛りにできると言われたのでそうしてもらった。
焼きさばは、私好みの焼き加減で柔らかく、熱くて美味しかった。

ご飯を大盛りにしていたこともあり、食べ終わると、かなりお腹がいっぱいになった。

大戸屋金町駅前店の入口(東京都葛飾区金町6-2-1 ヴィナシス金町2階)

この大戸屋の入口前にはエスカレーターがあり、すぐ上が、葛飾区の中央図書館になっている。

日曜日は図書館が21時までしか空いていないが、まだ閉館まで1時間ほどあるから、図書館に寄ろうかなあ。(と書いた後で向かおうとすると閉まっていた。どうやら閉館時間は21時までではなく、20時までだったようだ。)

大変便利な位置にあるので図書館の利用ついでに、また大戸屋には食べに来そうだ。

  
 

前へ

写真集『消えゆく北京の街角 胡同物語』(著者:中村晋太郎)を読んだ感想

次へ

100円ショップダイソーでワイヤーハンガー10本(白色)を購入した