おんまく寿司 松山店の梅茶漬けの梅干しを娘がはしたなく食べる

回転寿司のおんまく寿司 松山店(住所:愛媛県松山市和泉北1丁目6-11)で、寿司を食べ終わった後、最後に身体を温めるために茶碗蒸しを注文しようと思ってメニューを見ていると、茶碗蒸しと同じ値段で、梅茶漬けを注文できることに気づき、梅茶漬けを注文してみた。

おんまく寿司 松山店の梅茶漬け、漬物、わさび

梅茶漬け、漬物、わさび。

お茶漬けにわさびを入れるとおいしいと思う私にとっては、わさびが付いているのは、嬉しい。

おんまく寿司 松山店の梅茶漬け

梅茶漬け。

この梅茶漬けを見て、小学四年生の娘が驚いた声をあげた。

「梅干しが、3個もある。いいなあ。一個ちょうだい」

娘は、本当に梅干しが好きなんだなあ、と感心。

「いいよ。一個あげる」
「やったあ」

梅干し一個あげるだけで、心底嬉しそうな笑顔で喜んでくれた。

次も、梅茶漬けを食べよう!

梅茶漬けは、温かくておいしかった。
梅干しもおいしく、娘にあげた残り二個をおいしく頂いた。
梅干しのタネを二個、小皿の上に置いていると、娘から呆れた声がかけられた。

「まさかそれで、梅干しを食べたわけじゃないよね。まだ残っとるよ」

娘に言われて小皿の上の梅干しのタネを見たけれども、娘の言っている意味が分からなかった。

「食べないんだったら、もらうよ」

私は呆気にとられながらも、いいよ、と言う。

「やったあ」

娘は歓声をあげて、私が「食べ残している」らしい梅干しのタネを口に放り込んだ。

どうやら、タネに残っている梅干しの果肉(?)を吸い尽くそうと、しゃぶり尽くそうとしているようだった。キャンディーのように。

妻から声がかかる。

「他のところでは、はしたないから、せんとってね」

はしたないとは思いつつも、あまりにも梅干しが好きな娘の面白い行動に、久々に、大笑いした。

次も、梅茶漬けを食べよう!

  
 

前へ

ナヴィ余戸店のガソリンが安い(2015年11月28日)

次へ

漫画『死がふたりを分かつまで』(原作:たかしげ 宙、作画:DOUBLE-S)の第25巻を読んだ感想