こたつテーブルの端に顎をのせる猫ーゆきお

こたつテーブルの端に顎をのせる猫ーゆきお(横から見た様子)

こたつテーブルの端に顎をのせる猫ーゆきお(横から見た様子)。

妻の膝の上に乗って高さを確保して、だらしなく、顎をテーブルの端にのせている。

うっとりして目が細くなっているように見える。

こたつテーブルの端に顎をのせる猫ーゆきお(正面からの様子)

正面からゆきおの顔を見ると、何となく不機嫌そう。

何か用か?
用があっても、今は無理だぞ。
動かないからな。
あー、顎のせると気持ちいい。

とでも、思っているのかもしれない。

  

前へ

こたつの中で妻の足元でくつろぐ猫ーゆきお

次へ

アサヒの鍋焼きうどん持ち帰り用を自宅で頂く