Kindle版の新世紀エヴァンゲリオンが激安の1冊50円

毎日、寝る前に、AmazonのKindle本サイトを見て、安くなっている本はないかと探しているのだけれど、今日、エヴァンゲリオン最終巻となる14巻が50円で販売されていることに気づいた。

そういえば14巻は紙の本では予約して入手した特別版を持っているけれども、Kindle版は14巻を買っていないことを思い出した。

約2年前の2014年の1月に、1冊162円で1巻から13巻までKindle版をまとめ買いしていた私は、14巻を購入すれば全巻Kindle版が揃うので、50円で安いことだし、紙の本は遠く離れた自宅にあって、読みたいときに読めないから、買おうか、と思って購入した。

午前1時を過ぎていたけれど、読みたい、という気持ちを抑えられない。

iPhoneアプリのKindleでエヴァンゲリオン14巻を見ていくと、紙で読んでいたストーリーをほぼ忘れていて、新鮮な気持ちで読めた。

最後に登場する真希波マリの話は、紙の本で読んでいた時にも感じたと思うけれど、いい話だなあと思った。

後で気づいたのだけれど、14巻以外の1巻から13巻までのKindle版エヴァンゲリオンも1冊50円のようだ。

50円よりも高い、162円という3倍もの金額で買い揃えていた私としては、今日まとめ買いすればよかったーーー。

と少し悔しくなった、Kindleサイトを毎日見ている私としては、Kindle版の本がこのように価格が劇的に変動するのはよくあることで仕方がないと分かっており、分かっているから、毎日Kindleサイトを見て安くなっている本がないかと探しているので、少し悔しい程度で済んでいる。

もう、Kindle本は全て1冊50円にしてくれたら、もっとたくさん買えるんだけどなあ。
特に、かなり古い本などはそうしてほしい。

  

前へ

カフェベローチェ新橋四丁目店でふちねこのだらりを入手

次へ

『イエローストーンの大自然ー田中視郎写真集』を読んだ感想