飛行機内への手荷物の重量を減らす方法

松山空港発のジェットスターに乗るために、ジェットスターの受付カウンターで搭乗手続きをしている際、機内に預ける荷物がないことを受付の人に伝えると、機内に持ち込むことができる手荷物の重量制限があるので 、持ち込み手荷物の重さを計らせてくださいと言われた。

計ってみると、9キロほどもあった。
ジェットスターの飛行機内に持ち込める荷物のサイズは7キロまでなので、重量オーバーをしている。

携帯電話、スマートフォンなど、衣服のポケットに入れられるものであれば、荷物から出してポケットに入れることで、重量を減らすことができるということだった。

見送りに来てくれた家族に、どうしても持っていかなくてもよい荷物を取り出して渡すことで、さらに、重量を減らせたが、まだ、重量がオーバーしていた。

「iPad miniがなければ、オーバーしないのでけれどなあ」と私が呟くと、
「ポケットに入りませんか?」と、受付の人からアドバイスがあった。

ポケットに入った。
たまたま、今日着ているジャンパーのポケットが大きくてよかった。

あっさりと、重量オーバー問題は解決した。

タブレット端末を携帯電話やスマートフォンと同様に、衣服のポケットに入れることで、持ち込み手荷物の重量を減らすことができるとは、全く考えつかなかった。

今回のことで、飛行機内に持ち込む手荷物の重量が、ジェットスター規定の7キログラムをオーバーする時には、携帯電話やスマートフォンだけでなく、iPad miniなどのタブレット端末もポケットに入れることで、手荷物の重量を減らせることが分かった。

しかし、いつもiPad miniが入るサイズの大きなポケットが付いた衣服を着ているわけではないし、あらゆる航空会社、あらゆる空港で通用する方法なのかどうか分からないので、できる限り、荷物の量は減らしておこうと思った。

  

前へ

チャレンジタッチのカバーが新しくなっていた

次へ

松山空港発、成田空港行のジェットスター最終便が1時間遅延して困った