NASAが火星には液体が存在するという証拠をつかんだとのこと

2015年9月28日(日本時間で真夜中)にNASAが火星についての重大発表をするというニュースを前日見た。

気になってNASAのホームページを見てみると、以下の記事が掲載されていた。

NASA Confirms Evidence That Liquid Water Flows on Today's Mars
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-confirms-evidence-that-liquid-water-flows-on-today-s-mars

どうやら、NASAの調査により、現在の火星に液体が存在する確実な証拠が見つかったようだった。

以下、NASAの上記ページより、一部引用。

New findings from NASA's Mars Reconnaissance Orbiter (MRO) provide the strongest evidence yet that liquid water flows intermittently on present-day Mars.

NASAの探査機「マーズ・リコネサンス・オービター」(MRO)の調査により、現在の火星に断続的に液体が流れている最も説得力のある証拠が見つかった、とのこと。

"This is a significant development, as it appears to confirm that water -- albeit briny -- is flowing today on the surface of Mars."

火星の地表では、現在も塩分を含んだ水が流れていることが確実のように思われることが分かったことは素晴らしい進展だ、とのこと。

科学的な論拠などは、色々と書かれていたが、とにかく、火星には液体としての水、しかも、塩分を含んだ水が存在しているという確実な証拠が見つかったとのことで、NASAが大興奮状態にあることが分かった。

火星に生命がいる証拠ととは言えないけれども、生命が存在するかもしれない証拠がまた1つ増えた、という意味で大発見だと思った。

今後のNASAの発表を楽しみに待っていたいと思う。

  

前へ

名古屋駅から広島駅まで新幹線ひかり495号で移動した時の所要時間

次へ

新幹線の乗車後に切符を紛失したらどうなるのかが分かった