『九州・山口工場景: KOMBINAT FANTASIA』(本田純一写真集)を読んだ感想

 

九州、山口地区にある工場の風景を収めた写真集を読んだ感想を以下に述べる。

 

《写真集の目次》

  • 北九州
  • 苅田・田川
  • 福岡
  • 大分
  • 延岡
  • 長崎・佐世保
  • 周南
  • 宇部・山陽小野田・美祢
  • 工場鑑賞スポット

 

全てではないが、気になった目次ごとに、感想を述べていく。

 

大分

安倍先輩と1年前に夜ドライブした際に、大分市のディズニーランドとして紹介された工場群を思い出した(参照:安倍先輩と再会し、大分市のディズニーランドの夜景を案内され、ポメラの良さを教えられる)。

その時は、安倍先輩の「ディズニーランド」という表現が、安倍先輩のお子さん向けへの冗談を私にも言っているのだと思っていたのだが、この写真集にもディズニーランドという説明があったので、びっくりした。

《写真集より引用》
地元で「大在(おおざい)ディズニー」と呼ばれている夜景スポットは必見

安倍先輩、疑ってしまって、すみません!

 

延岡

宮崎県延岡市にはまだ行ったことがないが、この写真集を見ていると、行ってみたくなった。

《写真集より引用》
赤と白の煙突は、ここ延岡が発祥地であり、今も本拠地とする旭化成の工場のものである。

色々な所で見かける赤と白の煙突の発祥地が延岡市だったということは知らなかった。

今後、赤と白の煙突を各地で見るたびに、延岡市のことが頭にちらっとよぎりそうだ。

 

長崎・佐世保

私が何年か前に旅行した時(参照:Gunkanjima - 軍艦島コンシェルジュの軍艦島上陸・周遊ツアーに参加した)に眺めた工場の風景と重なった。

旅行時は、遠くから眺めていただけだったので細部が分からなかったが、この写真集では綺麗に細部まで見えたので、感動した。

「長崎市の三菱造船所には、明治時代にイギリスから購入した150tハンマーヘッドクレーンが何と今も現役で稼働しており、国の有形文化財に登録されている」という説明文があるのもよかった。この説明文を見ると、何気なく眺めていた長崎の工場風景に歴史的な重みを感じるようになった。

 

宇部・山陽小野田・美祢

宇部市と美祢市の工場風景は、見たことがあると思うが、山陽小野田市については記憶になかった。

一昨日と昨日、出張で山陽小野田市にいたのだが、工場の景色があることには気付かなかった。

出張で訪れていた小野田駅周辺からは少し離れたところにあるのかもしれない。

 

工場鑑賞スポット

九州、山口の工場風景を鑑賞できるスポットを地区別に、地図で紹介されているので、この写真集を片手に、工場鑑賞をすると便利かもしれない。

 

  

前へ

PHP 7はパフォーマンスが改善されていてPHP 5.6の2倍ぐらいの速度が出るかも!?

次へ

写真集『廃墟ディスカバリー2』(著者:小林哲朗)を読んだ感想