写真集『気仙川』(著者:畠山直哉)を読んだ感想

2011年3月11日に発生した東日本大震災。

著者のご家族は、震災の犠牲になった。

ご家族に会いに行くまでの道中に感じたことを綴った文章からは、悲痛な思いが伝わってきた。

震災前、震災後の気仙町(岩手県陸前高田市気仙町)の写真をこの写真集では見ることができる。

震災前の写真には、ご家族に会いに行くまでの過程を文章が付いているが、震災後の写真には、文章は何も付いていない。

写真を見ると、無言にならざるをえないと感じた。

  

前へ

写真集『北方四島 - 択捉島 国後島 色丹島 歯舞群島』(著者:山本將文)を読んだ感想

次へ

Windows 7のタスクトレイに「Windows 10 を入手する」アイコンが表示されるようになった