写真集『廃墟ディスカバリー2』(著者:小林哲朗)を読んだ感想

日本国内にある色々な廃墟施設の写真集。

この写真集では、以下の廃墟写真を見ることができる。

《写真集巻末の「廃墟INDES」より引用》

  • 矢作製鉄(愛知県)
  • 山中のホテル(兵庫県)
  • 池島炭鉱(長崎県長崎市)
  • スシヨシ(和歌山県)
  • 小さい紡績工場(愛知県)
  • 奥多摩湖ロープウェイ(東京都西多摩郡)
  • 三井三池炭鉱万田坑(熊本県荒尾市)
  • 軍艦島 端島(長崎県長崎市)
  • 北村荘グランドホテル(和歌山県)
  • 犬島精錬所(岡山県岡山市)
  • 時山第二発電所(岐阜県大垣市)
  • 要塞のような廃ホテル(所在地は記載されていない)
  • 紡績工場(愛知県)
  • 廃結婚式場(兵庫県)
  • 軍艦アパート市営下寺住宅(大阪府大阪市)
  • 廃養豚場(兵庫県)
  • 松尾鉱山住宅跡(岩手県八幡平市)
  • 酒王 家光(鳥取県)
  • 徳山小学校(岐阜県揖斐郡)
  • 川南造船所(佐賀県伊万里市)
  • 龍宮園(兵庫県洲本市)
  • 坂越大泊金山(兵庫県赤穂市)
  • 足尾銅山(栃木県日光市)
  • ほととぎす(大阪府)
  • 友ヶ島戦跡(和歌山県和歌山市)
  • 長崎刑務所解体後(長崎県諫早市)
  • 門司のセメント工場(福岡県北九州市)
  • 電業倉庫(大阪府)
  • 針尾無線送信所(長崎県佐世保市)
  • ごみ処理場(愛知県)

 

これほど多くの廃墟を1冊の写真集で見ることができるのは、色々な廃墟を一挙に見たい人にとってはよいかもしれない。

廃墟施設の一部について、以下に感想を述べる。

 

徳山小学校

最初はてっきり山口県の「周南市立徳山小学校」のことかと思ってしまったが、そちらは現在も現役の小学校だった。写真集の廃墟となっている徳山小学校は、岐阜県揖斐郡の旧徳山村の小学校だった。写真集の巻末の説明によると、旧徳山村の徳山小学校は、2007年にダムの底に沈んだとのこと。

 

軍艦島 端島

2012年12月に私が「軍艦島 端島」をツアーで訪れた時(参照:Gunkanjima - 軍艦島コンシェルジュの軍艦島上陸・周遊ツアーに参加した)のことを思い出した。危険なので廃墟施設内に立ち入ることはできないが、端島に上陸して、間近で軍艦島の廃墟となった建物群などを見ることができた。他の廃墟施設についても、ツアーなどがあれば、是非行ってみたいと思った。

 

針尾無線送信所

写真集の巻末の説明によると、「日本海軍に利用されていたとされる3本の無線塔の戦争遺跡」とのことで、高さは130メートルもあるとのこと。130メートルという高さは、凄い高さだ。長崎県佐世保市にあるらしいので、佐世保市に行く機会があれば、大学時代の友人に連れて行ってもらおうと思った。

 

  
 

前へ

『九州・山口工場景: KOMBINAT FANTASIA』(本田純一写真集)を読んだ感想

次へ

写真集『新日本の路地裏』(著者:佐藤秀明)を読んだ感想