市販薬『鼻炎薬A「クニヒロ」』で鼻水の症状を緩和する

5月も過ぎているのに、まだ花粉症が治らない。

昨年、一昨年はそこまでひどくなかったような気がするが、今年はどうも花粉症がしつこいようだ。


毎月、通院してお世話になっている病院で、花粉症のことを相談し、薬局で薬を出してもらったが、全く効かなかった。

 全く効かなかった薬その1:フェキソフェナジン塩酸塩錠

 全く効かなかった薬その2:ザイザル錠

病院で最初に出してもらったのが、フェキソフェナジン塩酸塩錠。

この薬を飲んでも、全く効果がなかったので、薬が切れた頃に病院の先生に相談すると、次に出されたのが、ザイザル錠。

何と、こちらも、全く効かなかった。

このままでは、仕事、プライベートどちらの時間でも鼻水が止まらず、大変辛い思いをし続けることになる。

これは、まずい。何とかしなくては......。

ふと思い出したのが、数年前にドラッグストアで購入した市販薬。


『鼻炎薬A「クニヒロ」』(製造販売元:皇漢堂製薬株式会社)という薬。


自宅で探してみると、まだ使い切らずに残っていた。

使用期限になっていなかったので、試しに飲んでみる。

すると、飲んでから1時間後ぐらいに、鼻水が出なくなった。どうやら薬が効いたようだった。


毎月の通院で、痛風予防の薬、血圧を下げる薬を先生から出してもらっているので、この市販薬を飲んでよいかどうかが気になったので、先生に相談。

市販薬の成分表を見た先生からは、飲んでいいですよ、と許可を頂いた。

病院の隣にある薬剤師さんからも、病院で処方された薬をもらう前に、市販薬の服用について話したところ、飲んでいいですよ、と許可を頂いた。

病院の先生、薬剤師さんから許可を頂いたので、市販薬で花粉症対策をすることを決めた。

この市販薬を飲むことで、鼻水の症状を抑えることができる(ほぼ鼻水は止まる)のは大変有り難い。


この市販薬がいつも、あるいは、いつまでも私に効くとは限らないだろから、早く、花粉症の時期が去ってほしいなぁ。



  

前へ

えひめ森林公園 谷上山第2展望台付近を散歩

次へ

ドラゴンクエストVIII(ドラクエ8)がニンテンドー3DSで発売されるニュースを見てわくわくした