Opera 29.0のユーザエージェント

Opera 29.0 (詳細バージョン:29.0.1795.47 ※2015年5月4日現在のOperaの最新バージョン)のユーザエージェントを調べるために、CentOS 6のApache(Apache/2.2.15)で動かしているテスト用サイトに、Windows 7でアクセスしてみた。

※しばらくOperaを使っていなかったので、Windows 7のPCに入っていなかったから、Operaを新規インストールして確かめてみた。

 

Apacheのアクセスログ
192.168.0.3 - - [04/May/2015:04:18:21 +0900] "GET / HTTP/1.1" 200 12 "-" "Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.90 Safari/537.36 OPR/29.0.1795.47"

 

Windows 7のOpera 29.0のユーザエージェントは、

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.90 Safari/537.36 OPR/29.0.1795.47

になるようだった。

 

ユーザエージェントにChromeとかSafariといった文字列が含まれているので、うっかりしていると、Google ChromeやSafariのユーザエージェントと誤解されるかもしれない。

ログの最後の方にある「OPR/29.0」付近を見ると、Operaのユーザエージェントであることが何とか分かる。

  
 

前へ

Firefox 37.0.2のユーザエージェント

次へ

大谷池周辺を散歩