Excel 2010、Word 2010以降ではPDFファイルへの変換は簡単にできる

Excel 2010、Word 2010よりも前のバージョンだと、ExcelやWordで作成した文書をPDFファイルに変換する場合、PDF変換用の専用のソフトウェアを使って変換していたので、Excel 2010、Word 2010でも同様に、専用のソフトウェアを使っていた。

しかし、本日、マイクロソフトのホームページを見てみると、Excel 2010、Word 2010以降では、ExcelやWordファイルを「名前を付けて保存」する時に、保存する「ファイルの種類」を「PDF (*.pdf)」にすることで、PDF変換用の専用ソフトウェアを使わなくても、ExcelとWordの標準機能でPDFファイルとして保存できることが分かった。

もっと早く知っておけばよかった。

私がExcel 2010、Word 2010を使い始めてから、おそらく4年ぐらいは経過しているのだが、本日までずっとPDF変換のための専用ソフトウェアを使っていた。

専用ソフトウェアを使うと、ひと手間余計な作業が入って面倒だったので、ExcelやWordのソフトウェアでPDF変換できるのは大変嬉しい。

これで、少しだけだけど、仕事面などで効率化が図れるはずだ。

《参考》
ワード 2010 やエクセル 2010 のファイルを PDF 形式に変換するには?
http://support.microsoft.com/kb/2278346/ja

  

前へ

車のドアを触る時の静電気による痛みを緩和する方法

次へ

Windows PCのCAPS LOCKキーを解除する方法