写真集『ホテル楽園 世界旅行 三好和義』を見た感想


ホテル楽園 世界旅行

世界の美しいホテルの写真集。

撮影地は、イギリス、オランダ、イタリア、ギリシャ、モーリシャス、セイシェル、モルディブ、インド、バリ、カンボジア、タイ、ベトナム、上海(シャンハイ)、台湾(タイワン)、日本、ハワイ、フィリピン、フィジー、タヒチ、ニューカレドニア、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南極、スウェーデンと多数。

写真集のページ数は、300ページを超えており、長時間楽しめる。
被写体となっているのは、ホテルの建物そのものよりも、部屋、ベッド、テーブル、お風呂、プール、海が多い。
どの写真も素晴らしく美しく、見惚れてしまう。

高級ホテルばかりが写っているような印象を受けるし、渡航費用も結構かかるだろうから、お金をたっぷり持っていないと気軽にはいけないのであろうとは思いながらも、「それでも行ってみたいな」という憧れを強く抱かさせてくれる、とにかく美しい写真集。

スウェーデンにある「ユッカスヤルビ・アイス・ホテル(JUKKASJARVI ICE HOTEL)」の写真の説明には、

氷のベッドでは、トナカイの毛皮に包まって眠る。室温はマイナス10℃だが不思議と暖かく感じる。
外気温はマイナス30℃。

とあった。

写真では、氷の室内の氷のベッドで二人の人がトナカイの毛皮で寝ている様子を見ることができた。
いかにも寒そうなのだが、本当に暖かいのだろうか。
この写真だけは、美しいけれど、あまりにも寒そうなので写真で見るだけでもいいかも、と思った。

この写真集を見て、一番行ってみたいなぁ、と思ったホテルは、タヒチのホテルだ。
「ボラボラ・ヌイ・リゾート&スパ(BORA BORA NUI RESORT & SPA)」の海上に設置された日焼け用の簡易ベッドのすぐ隣で泳ぐ魚たち。ここで昼寝をすると気持ちよさそうだ。

「ル・メリディアン・ボラボラ(LE MERIDIEN BORA BORA)」の海上にあるコテージ。コテージ室内の床の一部はガラス張りになっていて、色の薄い青い海面が見える。このガラス面の上の椅子に座って読書でもすると、楽しいかもしれない。

この写真集は、お金に余裕があれば、海外の美しいホテルを探す時の参考となるかもしれない。
私もいつかは行ってみたいので、この写真集の存在を覚えておこうと思う。

  

前へ

写真集『軍艦アパート 山下豊』を見た感想

次へ

写真集『三好和義楽園全集 RAKUEN THE COLLECTED WORKS』を見た感想