映画『OUTRAGE / アウトレイジ』を観た感想

北野武(ビートたけし)監督のヤクザ映画。

品川ナンバーの車に乗っていたので、ヤクザ・大友(ビートたけし)が活躍する舞台は東京品川なのだろうか。

大友(ビートたけし)がサウナに単身で突入し、髪を洗っているヤクザ、サウナでくつろぐヤクザを拳銃で次々と殺害していくシーンは、怖かった。

狭いサウナ室だと、逃げ場ないし、何しろ裸だから、丸腰で反撃しようがない。

ああ、濡れタオルぐらいはあるのだろうか。

私は温泉施設によく行くので、このシーンを見て心底怖いと思った。

このような場面に遭遇することは、現実的にはほぼないのだろうけれど、想像すると怖い。

その他にも、残虐なシーンが多数登場するので、何度も目を背けた。

ストーリーは、よくできていると思ったが、内容の全ては理解ができなかった。

登場人物がたくさんいることが原因だろうか。

特に、組のシマの争いの話は、誰が誰の親や子だったのかが分からなくなってきて、ついていけなくなった。

2回以上観ないと分からないのだろうな、と思った。

観終ったあとで、Amazonを眺めていると、『アウトレイジ ビヨンド』という続編があることを知った。

何だか面白そうなので、今度、続編を観てみよう。



この記事のメインカテゴリ:
SNS: