Excel 2010、Word 2010のプロパティ情報(「作成者」等)を一括削除する方法

Microsoft Excel 2010、Word 2010で作成したファイルのプロパティ情報に含まれる「作成者」、「前回保存者」、「会社」などの情報を削除したい場合がある。

1ファイルでも、大量の複数ファイルでも、以下の手順で簡単に削除できた。

《作業前の準備》
下記の作業手順を実施する前に、ファイルのバックアップを行う。
 ※下記の作業手順を実施した結果、何か問題があれば、バックアップファイルで元に戻すため。

《作業手順》
1.マウス等でファイルを選択する。
  ※複数のファイルを選択できる。ExcelとWordのファイルを混在させて選択することもできる。

2.選択したファイルの上で右クリックし、コンテキストメニューから[プロパティ]をクリックする。

3.[詳細]タブをクリックする。
  ※作成者、前回保存者、改訂番号、会社等の情報が記載されていることを確認する。

4.「プロパティや個人情報を削除」のリンクをクリックする。

5.「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」にチェックが入っているので、「このファイルから次のプロパティを削除」にチェックを変更する。

6.削除したいプロパティ項目のチェックボックスにチェックを入れる。

  ※仕事でWordやExcelを使っている人でよく削除したい項目は、「作成者」、「前回保存者」、「会社」のプロパティではないだろうか。

7.[OK]をクリックする。

これで、チェックを入れたプロパティ項目の値を空にできる(項目の内容を削除できる)。

  
 

前へ

エミフルMASAKIの2014年の初売りの様子

次へ

「プリンターをオフラインで使用する」にチェックを入れてもオンラインにならないプリンタ