Microsoft Word 2010で、表の見出しを2ページ目以降で自動的に表示する方法

複数ページにまたがる縦長の表を作成した場合、1ページ目には存在する表の見出し行が2ページ目以降では表示されず、表の内容を読み難い時がある。

2ページ目以降でも、表の見出し行を作成しておけばいいのだが、手動で見出しを作成するのは結構な手間だ。

そんな時は、表の途中で改ページをしても前ページと同じ表の見出しを自動的に表示する設定にすれば楽だ。

その設定手順は、以下となる。

(1)表の見出し部分をクリックする。

(2)「表ツール」の「レイアウト」タブをクリックする。

(3)[タイトル行の繰り返し]アイコンをクリックする。

または、以下の手順となる。

(1)表の見出し部分を右クリックする。

(2)コンテキストメニューから「表のプロパティ」をクリックする。

(3)「行」タブをクリックする。

(4)「各ページにタイトル行を表示する」をクリックする。

  

前へ

Microsoft Word 2010で表を分割する方法

次へ

成田空港から京成成田駅までのタクシー料金と所要時間