iPad mini用ミニキーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH」を購入した

iPad miniのソフトウェアキーボード(液晶画面内に表示されるキーボード)の使い勝手はなかなかよいのだが、物理キーボードの便利さにはかなわないので、物理キーボードが欲しかった。

さらに、液晶面に物が当たって液晶にヒビが入る、といった事態を防止するために液晶面を硬い物で覆っておきたい、という思いがあった。

これらの思いを一挙に解決するために、「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH」という商品を購入した。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」の箱

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」の箱。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」(キーボード表面)

キーボード表面。

キー配列は、一般的なQWERTYキーボード。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」(キーボード左側面)

キーボード左側面。

こちら側には、ボタンや端子接続部分など特に何もない。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」(キーボード右側面)

キーボード右側面。

こちら側には、ボタンや端子接続部分などがある。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」(キーボード右側面-USB接続端子、電源ボタン)

キーボード右側面には、USB接続端子、電源ボタン、ブルートゥースのペアリング設定時に使うボタンがある。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」(キーボード背面)

キーボード背面。

色は銀色。

iPad miniの雰囲気にふさわしい素敵なデザイン。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」にiPad miniを装着した時の様子(正面より)

キーボードにiPad miniを装着した時の様子。

正面から見ると、ミニパソコンにしか見えない。

この状態でキーを打ってみると、最近のノートパソコンほどの使い心地までは到達していないものの、十分に使えるレベルにある、と思った。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」にiPad miniを装着した時の様子(左側面後方より)

横から見ると、iPad mini本体の側面部分がキーボード本体の溝に綺麗に入って固定されているのがよく分かる。

「固定」と言ってもネジ止めなどをしているわけではないから、キーボードをひっくり返すと、iPad miniは当然落下する。

ノートPCのつもりで扱っていると、iPad miniを落下させてしまうから、取扱いには要注意だ。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」にiPad miniを磁石のみで接着した時の様子(正面より・電源オン時)

キーボードの溝にはめず、キーボード上端の磁石でiPad miniをくっつけることもできる。

磁力はなかなか強力だが、iPad miniの自重を支えられるほどの磁力はないので、ノートPCを持ち運ぶ感覚でキーボードの部分だけつかんで持ち上げると、iPad mini本体が落下するので要注意。

iPad mini用キーボード「Logicool Ultrathin Keyboard mini TM710WH(LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ ホワイト TM710WH)」にiPad miniを装着し、閉じた時の様子

iPad miniの液晶面側に蓋をするようにキーボードをくっつけることができる。

キーボード上端の磁石のおかげで、まるでノートPCのような感覚で折りたたむことができる。

この物理キーボードは、普段は、液晶保護用として使い、たまに外出先で長文を打ちたくなった時にキーボード本来の用途として使うことになるだろう。

自宅でキーボードとして使わない場合でも、iPad miniを立てかけて使うといった用途にも使えて便利だ。

重さとしても気にならないので、ちょっとした外出でも持ち歩くことになるだろう。

良い買い物だったと思う。 


  
 

前へ

iPad miniの液晶保護フィルム「TR-PFIPDM12-AG」(トリニティ株式会社)を購入した

次へ

成田空港から東京駅まではバスで移動すると楽だ