アニメ『イリヤの空、UFOの夏』(全6話)を観終っての感想

DVD1巻につき1話(約30分)しか収録されておらず、DVD全6巻でも全6話(約180分)となっている。

主人公・浅羽 直之(あさば なおゆき)は最初は、まあまあしっかりした人物だと思っていたのだが、ヒロイン・伊里野 加奈(いりや かな)が体育館で暴漢に襲われた後の主人公のヒロインに対する態度や暴言にうんざりしてしまい、その時からこの主人公を軽蔑の目でしか見れなくなってしまった。この時以降の話は、最終話も含めて、すべてがつまらなく思えてしまった。その時の話までは、なかなか良かったと思う。

原作は小説であり、Amazonのレビューが高評価であることから、小説の方は、たぶん面白いのではないかと思う。

原作を読んでいる人にとっては楽しめるアニメなのかもしれないが、原作を読んでいないと、面白くない、と感じてしまうかもしれない。

この記事のメインカテゴリ:
SNS: