Windows 7 - telnetクライアントで使用可能なコマンド一覧

Windows 7のtelnetクライアントで使用可能なコマンド一覧は、コマンドプロンプトで確認できる。

《コマンドプロンプトで使用可能なtelnetのコマンド一覧》

C:\Users\neko>telnet /?

telnet [-a][-e エスケープ文字][-f ログ ファイル名][-l ユーザー名][-t 端末の種類]
[ホスト [ポート]]
 -a      自動的にログオンします。ユーザー名を自動的に処理する以外は
         -l オプションと同じです。
 -e      Telnet クライアント プロンプトに入るためのエスケープ文字です。
 -f      クライアント側のログのファイル名です。
 -l      リモート システムにログインするユーザー名を指定します。
         リモート システムが TELNET ENVIRON オプションをサポートして
         いる必要があります。
 -t      端末の種類を指定します。
         サポートされている端末の種類は vt100, vt52, ansi と vtnt のみです。
 ホスト  ホスト名または接続するリモート コンピューターの IP アドレスを指定
         します。
 ポート  ポート番号またはサービス名を指定します。

C:\Users\neko>telnet smtp.○○○○○.com 25   ←「smtp.○○○○○.com」というドメイン名のサーバに25番ポートでtelnet接続する時のコマンド
220 pbsg501.○○○○○.com ESMTP ○○○○○ Mail Server   ←左記のようなメッセージが表示された場合、telnet接続に成功していることが分かる。

以下のように、telnetの専用画面(対話型モード)で操作する方法もある。
この場合、利用可能なコマンドが変わる。

《telnetの対話型モードで使用可能なtelnetのコマンド一覧》

C:\Users\neko>telnet
Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は 'CTRL+]' です

Microsoft Telnet> help

コマンドは省略することができます。サポートされているコマンド:

c    - close                      現在の接続を終了します
d    - display                    パラメーターを表示します
o    - open ホスト名 [ポート番号] ホスト名に接続します (既定のポート番号は 23)
q    - quit                       Telnet を終了します
set  - set                        オプションを設定します ('set ?' で一覧表示)
sen  - send                       サーバーに文字を送信します
st   - status                     状態を表示します
u    - unset                      オプションを解除します ('unset ?' で一覧表示)
?/h  - help                       ヘルプを表示します
Microsoft Telnet>
Microsoft Telnet> open smtp.○○○○○.com 25   ←「smtp.○○○○○.com」というドメイン名のサーバに25番ポートでtelnet接続する時のコマンド
接続中: smtp.某ドメインのメールサーバ...
220 pbsg501.○○○○○.com ESMTP ○○○○○ Mail Server   ←左記のようなメッセージが表示された場合、telnet接続に成功していることが分かる。
quit   ←接続先サーバへのtelnet接続を終了する時のコマンド。
221 Closing connection. Good bye.


ホストとの接続が切断されました。   ←左記のようなメッセージが表示された場合、接続先サーバへのtelnet接続が終了したことが分かる。

続行するには何かキーを押してください...

 

以下のMicrosoft社のサイトも参考になる。

《参考》Telnet コマンド
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/telnet-commands

  
 

前へ

Windows 7 - telnetクライアントをインストールする

次へ

Linux(CentOS 6) - メールキューの確認方法と削除方法