東京で出勤する場合は、1時間半ぐらい早めに会社の近くに着いていると良いかも

出張先の新橋の会社に出勤すると、私を見たある社員が驚いていた。

「あれ?間に合ったんですか?蒲田で泊まったんですよね?京浜東北線は事故で止まっていたから、絶対に遅刻すると思っていました」

「新橋駅には7時前に着いていたから、事故のことは知らないんです」

「新橋に7時とは、また早いですね。事故で絶対に遅刻すると思っていた人が遅刻しないのに、事故と関係がない人が遅刻するのは不思議ですね。Tさんは、京浜東北線を使っていないのに、事故の影響で遅刻します、という連絡がさっき入ってきたみたいなんです。そんなわけないのに」

都会では出勤時間よりも1時間以上早めに動いておくと、

・満員電車を回避できる

・出勤前にのんびりと読書などができ、心が落ち着く

といった利点以外に

・交通機関にアクシデントがあっても遅刻しにくい

という利点もあるようだった。

今後も、東京で出勤する場合は、1時間半ぐらい早めに会社の近くに着いているようにしようと思った。

  

前へ

ケンタッキーフライドチキン新橋店で朝食を食べながら出勤前の時間をのんびりと過ごす

次へ

こだわりらーめん元気一番亭 余戸店でパワーランチ(Bランチ・鶏肉の四川風炒め)を食べた