佐世保駅に到着した 〜夜の佐世保駅構内と駅舎など〜

佐世保駅の駅標

佐世保駅の駅標。

佐世保駅5番ホームに停車中の列車「シーサイドライナー」

佐世保駅5番ホーム。

長崎駅で乗車した青い列車「シーサイドライナー」は、ここに停車した。

佐世保駅5番ホームに停車中の列車「シーサイドライナー」、エスカレーター、階段

5番ホームにある階段を降りて出口に向かう。

(エスカレーターは上り専用だった。)

※佐世保駅は高架タイプの駅だ。

佐世保駅ホーム下の改札口までの通路

ホーム下の改札口までの通路。

通路は、新しくて綺麗だ。

トイレを我慢していたので、この通路沿いにあったトイレで用を足す。

佐世保駅の改札口

佐世保駅の改札口。

改札口前の天井からは、以下の文言を記載した看板がぶら下がっていた。

ありがとうございました。

またのご乗車をお待ちしています。佐世保駅長

たしかに。また、乗車したいなぁ!

佐世保駅構内にある「貧乏が去る像」(貧乏神と猿の像)

佐世保駅構内には、「貧乏が去る像」という題が付けられた貧乏神と猿の(石造りの?)像があった。

像の背後には、この像についての説明書きがあった。

《説明書きに記載されていた内容》

これは貧乏神を撫でたあとで
頭上の猿を撫でると
「貧乏が猿(去る)」という
大変縁起の良い像です。

そうだったのか!と思いながら写真を撮ることにばかり意識がいってしまって、貧乏神も猿も撫でるのを忘れていた。

ところで、貧乏神だけ触って猿を触るのを忘れたらどうなるのだろう。

桃太郎電鉄のゲームのルールを考慮すると、貧乏神が付きまとってきてどんどん貧乏になるのだろうか。

触り方を誤ると逆に貧乏になるので注意が必要かも!?

佐世保駅構内にあった巨大な佐世保喧嘩独楽(けんかごま)

佐世保駅構内にあった巨大な「佐世保喧嘩独楽」(させぼけんかごま)。

これほどまでに大きな独楽(こま)は初めて見た。

佐世保駅構内から見た夜の佐世保駅前の様子

佐世保駅構内から見た夜の佐世保駅前の様子。

全体的に新しくて綺麗でお洒落な印象を受けた。

夜の佐世保駅

佐世保駅の駅舎。

夜だが、「佐世保駅」という駅名が光で縁どられているので綺麗に読み取れる。

夜の佐世保駅(タクシー乗り場とバス乗り場)

佐世保駅前には、タクシー乗り場(写真中央から左手)とバス乗り場(写真右手)がある。

夜の佐世保駅(駅舎)

佐世保駅の駅舎を眺める。

全体的に明るいが、騒々しくなく、静かな雰囲気が良い。

これから、今夜宿泊するホテルに向かう。

  
 

前へ

長崎駅から佐世保駅に快速列車「シーサイドライナー」で移動する

次へ

レオプラザホテル佐世保に宿泊した 〜ホテル前の道路、室内の様子など〜