長崎駅で「電車一日乗車券」を購入し、「長崎駅前」電停で「正覚寺下」行きの市内電車に乗る

長崎駅改札口のすぐ隣にあるSEATTLE'S BESTS COFFEE(SBC 長崎駅店 長崎県長崎市1-1)

長崎駅改札口のすぐ隣にあるSEATTLE'S BESTS COFFEE(SBC 長崎駅店 長崎県長崎市1-1)でかなり遅い朝食を買った。

SEATTLE'S BESTS COFFEE(SBC 長崎駅店 長崎県長崎市1-1)で購入した野菜サンドとアイスキャラメル

買ったのは、合計600円のセット。

レシートに記載されていたセットの内容は、ベーグル(0円)、野菜サンド(200円)、アイスキャラメル(100円)、セット(300円)だ。

アイスキャラメルで旅の疲れが少し癒えた。

長崎駅改札口のすぐ隣にある総合観光案内所

SEATTLE'S BESTS COFFEEと同じ室内に「総合観光案内所」(INFORMATION)がある。

「どこか行きたい所ある?」と友人に聞かれた。

「猫がいっぱいいる所がいいなあ」と特に何も考えずにほとんど冗談で答えたところ、友人が観光案内所のお姉さんに質問を始めた。

「この辺りに猫がいっぱいいる所ありませんか?」

「猫ですか......この辺りにいるかもしれませんね」とお姉さんは地図を出して指を指す。

二人が会話している様子を見て、私が何も考えずに呟いた「猫がいっぱいいる所」という質問は、長崎市内を観光する人からの質問としては、ありふれた質問だったのではないか、ということに気付いた。

後日でネットで調べてみると、長崎市には猫が多い、という情報が多数あった。この情報を知らないまま、私が知っていて質問をしたのだろう、と二人は思ったようで、真剣に話をしてくれていた。

二人が話した結果、「中の茶屋」周辺の道に野良猫がいるかもしれない、ということになり、後でそちらに行くことに決まった。

市内電車で、 正覚寺下駅に向かうことになるので、話を聞いた総合観光案内所のお姉さんから、市内電車に一日乗り放題になる「電車一日乗車券」を購入した。

「電車一日乗車券」(長崎電気軌道株式会社)

「電車一日乗車券」(長崎電気軌道株式会社)は、運賃500円で市内電車が一日乗り放題になるお得感がある乗車券だ。

普通運賃だと1回の乗車で120円(大人)なので、1日に5回以上乗車するのであれば、一日乗車券を購入した方が得だ。

長崎市で気兼ねなく市内電車に乗りまくりたい時には、この乗車券を買っておくと良いかもしれない。

「電車一日乗車券」(長崎電気軌道株式会社)の裏面に記載されている電車路線案内図

電車一日乗車券の裏面は、電車路線案内図になっている。

便利だ。

友人と軽く旅のプランを練った後、長崎駅前に向かう。

長崎駅前のコインロッカー

長崎駅前のコインロッカー。

私が持ってきていた重たい旅行鞄をこのロッカーに預けることにした。

1日あたり400円のロッカーに預けた。

これで身動きがとりやすい。

長崎駅前の立体歩道橋の上から眺めた市内電車の「長崎駅前」電停

長崎駅前の立体歩道橋の上から眺めた市内電車の「長崎駅前」電停。

長崎市の市内電車「27 長崎駅前」の駅標

市内電車「27 長崎駅前」の駅標。

長崎市の市内電車「27 長崎駅前」に停車した「1 正覚寺下」(1504)という車体の市内電車

「1 正覚寺下」(1504)という車体の市内電車が電停に停まった。

この電車に乗り、今から正覚寺下駅に向かう。

「1 正覚寺下」(1504)という車体の市内電車の乗り口と乗車する客

市内電車の乗り口は車両の中ほどにあった。

電車の中は満席状態で、立っている人も多い。

結構、混んでいる。

しかし、10分ほど乗っていると、空いてきて、運転席近くの見晴らしの良い席に座ることができた。

長崎市の市内電車「1 正覚寺下」(1504)という車体の運転席

市内電車「1 正覚寺下」(1504)という車体の運転席。

設備は新しく、綺麗だ。

格好いい!

「33 観光通り」という電停を通り過ぎる。

長崎市の市内電車「1 正覚寺下」(1504)という車体の車内の様子

市内電車「1 正覚寺下」(1504)という車体の車内の様子。

この時、市内電車には友人と私以外の乗客はいなくなっていた。

友人の座っている席のすぐ隣が、運転席だ。

  
 

前へ

長崎駅前で友人を待つ 〜長崎駅前の様子など〜

次へ

正覚寺下電停、ガス灯、正覚寺近辺の野良猫を眺める