小倉⇔松山フェリー 〜410号室の様子と今日の晩御飯〜

小倉・松山フェリーの410号室(2等船室・禁煙室)(通路より室内を眺めた様子)

小倉・松山フェリーの410号室(2等船室・禁煙室)(通路より室内を眺めた様子)。

小倉・松山フェリーの410号室の室内

小倉・松山フェリーの410号室の室内。

先客が1名いるようだ。

出港時刻の34秒前でこの状況であれば、これから人がやってきたとしても数名程度だろう。

フェリー運営会社にとっては儲からなくて悲しいことだろうが、客の立場としては、広々とした部屋でのんびりと寝られるので有り難い。

小倉・松山フェリーに設置されている「24hr. HOT MENU CASUAL FROZEN FOODS」という名称の食べ物の自動販売機

「24hr. HOT MENU CASUAL FROZEN FOODS」という名称の自動販売機。

販売しているのはジュースではなく、食べ物だ。

《自動販売機に記載されている情報》

  • フライドポテト:350円
  • 直火焼炒飯(ジカビヤキチャーハン):350円
  • チキン&ポテト:350円
  • 焼おにぎり:350円
  • たこ焼き:350円
  • 焼きそば:350円
  • チャーシューおにぎり&からあげ:350円

この自動販売機で「直火焼炒飯」を購入した。

(自動販売機に記載された情報によると)「待ち時間約130秒」のようなので、130秒間じっと待つ。

小倉・松山フェリーで食べる晩御飯

今日の晩御飯は、直火焼炒飯、金ちゃんきつねうどん、チーズかまぼこ、キリンビール「一番搾り」だ。

フェリーの団らん室(和室)で食べることにした。

畳の上に座って長机に食べ物を並べて食べるのは、何だか楽しい気分になる。

直火焼炒飯は、すぐに食べられる状態にあるけれど、金ちゃんきつねうどんはお湯を入れてから5分待たねばならない。

小倉・松山フェリーで食べる晩御飯(「直火焼炒飯」と「金ちゃんきつねうどん」の蓋を開けて食べる直前の様子)

「金ちゃんきつねうどん」が出来上がった。

今から、「直火焼炒飯」と金ちゃんきつねうどんを交互に食べる。

《備考》
「直火焼炒飯」は自動販売機で購入したが、それ以外は小倉・松山フェリー内の売店で購入した。これだけたくさんのものを食べると、かなりお腹いっぱいになってしまった。

  
 

前へ

小倉駅・新幹線口(駅の北側)でメーテルと星野鉄郎と雪だるまとペンギンを眺める

次へ

「天然温泉キスケのゆ」の新源泉のお湯をペットボトルに入れる娘