広島駅で購入した駅弁「たこめし」(株式会社神保)を新幹線の中で食べた

広島駅で購入した駅弁「たこめし」(株式会社神保)

広島駅新幹線乗り場の売店で購入した駅弁「噛むほどに深い味わい たこめし」(株式会社神保)を新幹線自由席の座席で今から食べる。

広島駅で購入した駅弁「たこめし」(株式会社神保)の中身

弁当には、小さなタコが丸ごと4つほど入っていた。

このサイズのタコを食べたことはほとんどないので、新鮮だ。

このミニタコの他に足だけを切ったものも複数入っており、タコだらけだ。

食べてみて、「大好物になるかも」というまでには感じなかったが、おいしかったと思う。



  
 

前へ

向洋駅から新水前寺駅までの切符を購入した

次へ

紅葉がすっかり終わってしまった冬の熊本県庁の銀杏並木