広島空港のフライトシミュレーターで遊んでみた

広島空港のフライトシミュレーターの特設コーナー

広島空港を散歩していると、JALの窓口付近で「フライトシミュレータ」という垂れ幕を見つて面白そうなので寄ってみた。

《垂れ幕に記載されている情報》
大空へテイクオフ!
あこがれのパイロットになって飛行機を操縦してみよう
フライトシミュレータ
Flight Simulator

広島空港のフライトシミュレーター

フライトシミュレータは2台あった。

「Final Approach」と記載されている。

(後日、インターネットで調べると「Final Approach」には、「最終進入」という訳語があるようだった。)

フライトシミュレータを背面から見ると、モニタは3台で構成されていることが分かる。

広島空港のフライトシミュレーター(斜め後方より)

斜め後方から見たフライトシミュレータ。

椅子の見た目が良いので、本格的な雰囲気を感じる。

広島空港のフライトシミュレーター(操縦席付近)

フライトシミュレータの操縦席。

3代構成のモニタのうち前面を除く左右の2台は、立体感を出すためか、斜めに配置されている。

リアルな景色が映し出されているので、早くやってみたい、とわくわくする。

操縦桿が格好いい。

その他のレバーなどはどう使っていいのかよく分からないが、格好いい。

広島空港のフライトシミュレータの座席の横の壁に掲示されている説明書

フライトシミュレータの座席の横の壁に掲示されている説明書。

この説明書を見ると、フライト シミュレーターの利用にはお金がかかるようだった。

コースは5コースから1つ選択可能で、1コースあたり100円〜200円だった。

一番簡単そうな「Boeing787 広島空港離陸 初級コース」をまず試してみようかな、と思って100円を入れ、操縦桿を握る。

初級コースだからと少しなめてかかっていた。想像以上に難しい。

飛行機を滑走路の上で真っ直ぐ走行させるだけで難しい。

離陸させる時に上昇はできたが、山に突っ込みそうになってしまった。

敵を倒しまくるシューティングゲームと違って、飛行機を操縦するだけなのだが、その操縦がいかに難しいかが少し分かったような気がした。

《説明書に記載されている情報》
<<フライト シミュレーター>>
飛行機の操縦を体験してみよう!!
下のボタンからフライトを選んで、ボタンを押して下さい
100円
Boeing787
広島空港離陸
初級コース

200円
CRJ700
仙台→広島
中級コース

200円
Boeing767
広島→那覇
中級コース

200円
Boeing787
広島→羽田
中級コース

200円
Boeing737
札幌→広島
上級コース

フライト時間 5分0秒

  
 

前へ

伊藤園「ゆずみかん」(500g/ペットボトル)を飲んだ

次へ

「広島の味 うまいで がんす」(三宅水産)を食べた