萩の茶屋で「かけそば」と「玉子丼」を食べた

萩の茶屋(愛媛県新居浜市繁本町7-8)で温かい蕎麦を食べることにした。

萩の茶屋(愛媛県新居浜市繁本町7-8)の「かけそば」

かけそば(550円) を食べ、体を温める。

とてもおいしい。

量も少なくなくて、これだけでもお腹は太る。

萩の茶屋(愛媛県新居浜市繁本町7-8)の「玉子丼」

さらに玉子丼(お吸い物・お漬け物付)(600円)を食べる。

おいしい!

食事前まで、体全体に寒気があり、体の関節が痛く、仕事に集中できない状態に陥っていた。

「風邪を引いたかも、夕方から出張で県外行くけど大丈夫かなぁ、やばい」と悩んでいた。

お昼ご飯の時間になり、「萩の茶屋で温かくておいしい日本蕎麦を食べてお腹一杯にしておけば、体調が治るかもしれない」と思って、萩の茶屋を訪れた。

メニューを見ていると、温かいお蕎麦の他にご飯も食べたい、と思って、玉子丼まで注文してしまった。

かけそばと玉子丼の2つを食べるのは、本当は食べすぎだと思う。

物凄く満腹になった。

また太るんだろうなぁ、と思った。

そのようなデメリットを感じたが、寒気は消えていた。

日本蕎麦と玉子丼でたっぷりと栄養を摂ったこと、体を温めたことが良かったのだろう。

全ての寒気・体調不良をこの方法で治せるとは思えないが、できる限り、今後もこのような方法で治すことを試みたいと思った。

  
 

前へ

PostgreSQL 9.2のpsqlで確認できるヘルプなど

次へ

菊目石 (新居浜市生涯学習センター)