『WRATH OF THE TITANS タイタンの逆襲』

今日は3時頃から自宅で、妻と6歳の娘と共に、『WRATH OF THE TITANS タイタンの逆襲』をブルーレイで観た。

キメラとの戦いなど映像は大変綺麗で迫力があった。

しかし、主人公ペルセウスが弱すぎではないか、と思った。

兄弟の軍神アレスに比べると物凄く弱い、というのは仕方がないのかもしれない。

しかし、キメラ程度の化け物にも大苦戦していたので、本当に神の力が半分宿っている「半神」なのだろうか、という疑問を持ってしまった。

また、ゼウス、ハデス、ポセイドンといった誰でも知っているような強大な力を持つ神々の力も弱々しく、キメラなどの化け物の方が強く見えてしまうことに違和感があった。

神の力はもっと強く表現して欲しかった。

ストーリー的には、前作の『Clash of the Titans タイタンの戦い』の方が面白かったような気がするが、こちらもそれなりに楽しめたとは思う。


  

前へ

100円ショップ・ダイソーで「ザ・マップ 地勢図 1 最新世界全図」を購入した

次へ

iPod touch 5の充電器は、羽田空港のANAのラウンジにもなくて困った