自宅のリビングで幻想的な光で輝くクリスマスツリーに見惚れる

夜遅く帰宅した時に、自宅の玄関に入る前に気付いたのが、家の電気が消えていること。

遮光カーテンを使用しているとは言え、遮光カーテンで明りを完全に遮断できているわけではない。

家の電気が消えていると判断したのは、漏れている光がなかったからだ。

妻も娘ももう寝たのだろうなぁ、と思って玄関からリビングに入ると、予想通り、部屋は暗かった。

しかし、予想外なことに、暗いリビングでゆっくりと点滅を繰り返す光があった。

クリスマスツリーの明りだった。

このツリーは、去年購入したものだ。

しばらくしまっていたが、今年も、つい先日からリビングに設置していたことを思い出した。

明りをつけることはあまりないのだが、後で起きた妻に聞いたところによると、小学1年生の娘が喜ぶかと思って妻が明りをつけた、ということだった。

自宅のリビングで幻想的な光で輝くクリスマスツリー

自宅のリビングで幻想的な光で輝くクリスマスツリーに、しばらくの間、見惚れた。

  
 

前へ

園芸用品「アニマルテラコッタ・ウォーターキーパー:ネコ」

次へ

Windows 7のコマンドプロンプトで使用できるnslookupコマンド、オプションの一覧と説明