100円ショップ・ダイソーで購入した「毛だま取りブラシ」の実力

妻が、昨日(11月9日)、100円ショップ・ダイソーで「毛だま取りブラシ」(値段105円)を購入した。

100円ショップ・ダイソーで購入した「毛だま取りブラシ」
100円ショップ・ダイソーで購入した「毛だま取りブラシ」。

《パッケージに記載されていた内容》
C008 毛玉取り(Lint remover) No.3
特長(Feature)
・衣類をキズ付けず、毛だま取り
 Remove lint without damaging your clothes.

・先端特殊加工で毛だまキャッチ!!
 The specially treated brush bristles catch lint!!

・軽いブラッシングできれいに絡め取る
 Catch and remove lint cleanly with a light brushing.
使用方法(How to use)
 1.衣類を平らなところに広げます。
  Spread the clothes on a flat surface.
 2.片手で衣類を押さえ、編み目に対し平行にブラッシングし、ブラシの毛先に毛玉を引っ掛け軽くひねるようにすると、うまく取れます。この時、力を入れず優しく同一方向にブラッシングすることがポイントです。
  Hold the clothes with one hand and brush the clothes parallel to the stitches. To remove lint easily, entangle the lint in the brush bristles and slightly twist the brush.Gently brush the clothes in one direction without applying force.
 3.少しずつ場所を変えてブラッシングしていき、仕上げに手の平でやさしく整えてください。
  Brush the clothes by changing area being brushed a little at a time. Stroke the clothes gently with your palms for finishing.  

写真上部は、毛玉取りブラシを使用する前、写真下部は、毛玉取りブラシを使用した後の生地
写真上部は、毛玉取りブラシを使用する前、写真下部は、毛玉取りブラシを使用した後の生地。


上記の写真は、裏返したフリースのズボン(妻所有)。
※フリースはユニクロ製とのことで、手で1つ1つ毛玉を取り除く作業は大変、とのこと。
この写真上部が、「毛だま取りブラシ」をまだ使用していない生地であり、写真下部が、「毛だま取りブラシ」を使用した後の生地だ。
両者を比較すると、綺麗に毛玉が取れていることが分かる。
妻によると、この100円ショップ・ダイソーの毛玉取りブラシを使うことにより、それまで取ることを諦めていた大量の毛玉が、感動的なほど簡単に取れたとのこと。
また、昔、実家で猫を飼っていた妻としては、今回の毛玉取り作業は、猫のブラッシングと似ているそうだ。
猫の毛がバッサーとたくさん取れてしまう時のように、毛玉が豪快に取れたという。
今後もこの「毛だま取りブラシ」をよく使うことになりそうだ。



《関連リンク》
毛玉取りブラシ 一覧
電動毛玉取り器 一覧
100円ショップ・ダイソーで購入した電動「毛玉とり器」の実力

前へ

怒りすぎると頭が痛くなる

次へ

マル秘情報取材班『そこが気になる決定版!お客に言えない食べ物の裏話』