大桟橋に停泊中の海上自衛隊 ひゅうが型護衛艦 DDH-181「ひゅうが」を見る

大桟橋(神奈川県横浜市‎中区‎山下町)に停泊中の海上自衛隊の護衛艦(ひゅうが型護衛艦 DDH-181「ひゅうが」)を見に行ってきた。

本当は昼間の明るい時間帯に観に行きたかったのだが、仕事が終わった頃にはもう日が暮れていた。

夏だったら、18時でも明るかったのに、10月ともなると真っ暗だ。

大桟橋に停泊中の海上自衛隊 ひゅうが型護衛艦 DDH-181「ひゅうが」(2012年10月10日夜)

横浜への出張時に、少し離れたところから大桟橋を眺めることはよくあったが、桟橋の上を歩いたのは今日が初めてだった。

それほど、この護衛艦を近くで見たかった。

私と同じようなことを考えている人は多かったらしく、他にも見にきていた人が何人もいた。

近くで見た護衛艦は、予想以上に格好良かった。

大桟橋から眺めた横浜みなとみらい地区の夜景と海上自衛隊 ひゅうが型護衛艦 DDH-181「ひゅうが」(2012年10月10日夜)

さらに良かったのが、護衛艦の背景が、横浜みなとみらい地区の煌びやかな夜景だったこと。

翌日の昼間も横浜にいるので、昼休みの明るい時間帯にもう一度見に来よう、と思っていたら、翌日には護衛艦は姿を消していた。

がっかりしたが、仕方がない。

その日の夕方の大桟橋前のバス停で羽田空港行のバスに乗り、ふと窓から大桟橋に目をやると……護衛艦の姿があった。

どうやら、昼間はどこかに出かけていたらしい。

しまった、バスに乗る前に気付くべきであった、と悔やんだ。

いつかきっとまたどこかで見かけるだろうから、その時は見逃さないようにしたい、と思った。

  
 

前へ

ANA 582便の右翼のエンジン付近の座席から見た松山空港離陸前後の風景

次へ

日高屋 関内北口店で生ビールを飲みながら野菜炒め定食を食べた