ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時を写真の撮影日時に一括変更するフリーソフト「F6 Exif」

デジタルカメラ(デジカメ)、iPod Touch等で撮影したデジタル写真のファイルをPCにコピーしたり、横向きの写真を縦向きに回転して保存したり、画像編集ソフトで画像を編集したりしていると、写真ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時がPCでこれらの操作をしていた時の日時に変わってしまうことがよくある。

ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時を写真の撮影日時と一致させるために、後から一括置換できるような便利ツールは、探したらあるかも、と思っていたが、あまり必要性がなかったので、探していなかった。

しかし、本日、どうしてもそのようなツールを見つけて使いたい、と思ったので探してみたところ、あっさりと見つかった。

「F6 Exif」というフリーソフトだ。

※「F6 Exif」は、2012年10月28日現在、Vector等でダウンロードできる。
※かなり古いデジカメだとExif情報に撮影日時が記録されていないかもしれないので、注意が必要。

ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時を写真の撮影日時に一括変更するには、「F6 Exif」を起動後、[ツール]→[ファイル日付復元]と進み、「フォルダを選択してください」のメッセージ下部で変更したいファイルが格納されているフォルダを指定して[更新]ボタンをクリックするだけなのでとても簡単だ。

指定したフォルダのサブフォルダ内のファイルも一括変更できるのも有り難い。

今後、何度かこのフリーソフトのお世話になりそうだ。

  

前へ

福山駅に近い駐車場で1日分の料金が800円だったらかなり安いかも!?

次へ

温泉とサウナで体を強制的に温めたら風邪を予防できたっぽい