ビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」(株式会社JVCケンウッド)を購入した

家電量販店のポイントを使いたかったので、松山市内の家電量販店にわざわざ出向いて、10月発売予定のiPod Touchの新型を予約しようかと思ったが、主に値段的な問題で家電量販店でiPod Touchを買うことはやめ、何故か代わりに全く買う予定を考えていなかったビデオカメラを買ってしまった。

iPod Touchを家電量販店で買わないとなると、ポイントの使い道に困る。

妻に何か欲しいものがないか、と尋ねると、ビデオカメラ、という回答がきた。

そういえば、来週は、小学校1年生の娘の運動会。

ビデオカメラは既に持っているが、フルハイビジョンではない6年ほど前の古い、ビデオテープタイプのもの。

妻にとっては、このビデオカメラは重いらしく、このタイプの古いものを持っている人は少数派に思える、という意見だった。

私は、ビデオカメラではなく、デジタルカメラでフルハイビジョンを撮影することに興味を抱いていたが、運動会の撮影ということを考えると、デジタルカメラのビデオ撮影機能ではきっと満足できないだろう。

特に、ズームが。

家電量販店のビデオカメラコーナーでCANONのビデオカメラ、SONYのビデオカメラという順でビデオカメラの実機を手に取って品定めをしていると、販売員さんが現れて色々と説明を受けた。

「この店で一番のお勧めは、どのビデオカメラ?」と聞くと、ビクターのビデオカメラということだった。

ズームが光学40倍もあり、その店ではダントツの性能だった。

個人的には、これまでずっとCANONを使ってきたため愛着という意味でCANONに惹かれること、CANONだと現在愛用している一眼レフ、ビデオカメラ、かつて使用していたコンパクトデジカメ(これは壊れてしまった)のバッテリーの型が同じであり、バッテリーの替えがたくさんあったから、CANONを使った方が良いのではないか、と販売員さんに相談をすると、驚くべき事実を伝えられた。

なんと最近、バッテリーの型が変わってしまった、ということだった。

販売員さんが親切にもバッテリーの端子部分を見せてくれたので見てみると、愕然とした。

全然違う!

何故、乾電池のように、何十年も同じ規格にしてくれないのだろうか。

バッテリーの規格が変わったのであれば、CANONにするこだわりは、「愛着」以外にはもうなかった。

しかし、以前のバッテリーが使えない、ということが分かってから、がっかり感と「何で規格を変えるんだよ!」というちょっとした怒りにより、CANONへの愛着は消えてしまった。

CANONの他に気になっていたSONYのビデオカメラには、撮影したビデオを家の壁などに投影して大画面で見ることができる、という面白そうなプロジェクター機能があった。

しかし、光学ズームの最大倍率が低くて買う気になれなかった。

運動会の撮影には、「撮る」という行為とは直接は関係がないオマケ的なプロジェクターみたいな面白機能よりもズームの倍率が大きいという実用的な機能の方が大切だろう、と思った。

ズームが店内で最大だったら、SONYを買ったと思うが、最終的に、ズームが光学40倍というほぼそれだけの理由で、ビクターのビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」を買うことに決めた。

買うことを決めた後で気づいたことだが、販売員さんの首からぶら下がっている名札を見ると、家電量販店の社員さんではなく、家電量販店に出向しているビクターの販売員さんであることが分かった。

結果的には、ビクターの販売員さんの説明により、私が買うことになったビデオカメラが、販売員さんの自社製品「ビクター」(正式には株式会社JVCケンウッドみたい)になっているが、特に、そこでイヤラシサや不快感などは感じず、敬意を抱いてしまった。

この販売員さんは、他社製品を特に批判したりする姿勢などなく、かなり熱心に丁寧に他社製品の良い機能を説明してくれた。

私が「この店で一番のお勧めは、どのビデオカメラ?」と聞いた時に、さりげなくビクター製品の素晴らしさをアピールしていたことが私の心に残ったのだろう。

だから、ビクター製品をこの販売員さんに勧められていなければ、ビクター製品を買ったことがない私にとっては、光学ズームの倍率が劣っていても、CANONかSONYを選んでいたかもしれない。

ちょっと感動したので、「説明分かりやすかったです」とお礼を言っておいた。

販売員さんの営業力……努力、他社製品の知識、自社製品の(さりげない)アピールの仕方……これらは、私も見習うべきところがいっぱいあるなぁ、と感じた。

ビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」(株式会社JVCケンウッド)およびそのおまけ(ビデオカメラケース、三脚、8GBのSDカード)

家電量販店でビデオカメラ「Everio GZ-E265-N(ピンクゴールド)」(株式会社JVCケンウッド)を購入した時には、ビデオカメラ専用の収納ケース、三脚、販促用の8GBのSDメモリカードをおまけで付けてくれた。

価格は、家電量販店の5年保証の料金も含めて3万円だった。

これでポイントは全て使えた。この商品は、ポイント対象外・現金特価というものだったので、ポイントを使い切る、という目的ではお得な買い方だったと思う。

昔、CANONのビデオカメラを7万円近く出して買ったことを思えば、かなり安い、と思った。

……と価格面で満足していたのだが、帰宅して各社のオンラインショッピングを見てびっくり。

2万2千円前後で販売されていた(苦笑)。

5年保証やおまけを省いたとしても、オンラインショッピングの方が圧倒的な安さ。

まあ、これは、今の世の流れとしては、仕方がないか……。

今回は、ビクターの販売員さんの営業っぷりが良かったので、この買い物はアリだと思う。 


  
 

前へ

iPod Touch 第5世代がAmazonで予約受付中になっていた

次へ

天然温泉キスケのゆで刺身定食を食べた