コルゲンコーワ液体かぜ薬「麻黄湯(まおうとう)」を飲むことで、やっと発汗した

風邪っぽい症状が治らず、早く体調を回復させないといけないと思って、今日は出張先の現場を定時で失礼し、宿泊先のホテルに戻って休むことにした。

ホテルに戻る途中の薬局に寄って、葛根湯を買おうと思ったのだが、薬局の人に、「風邪をひいてしまったら、葛根湯はあまり効果がないから、葛根湯ではなく、風邪薬を飲んでみては?」と言わた。

私が、体中の関節が寒くて痛いんです、でも、風邪薬は飲みたくないから、葛根湯みたいな漢方みたいな薬はないですか、と言うと、「それなら麻黄湯(まおうとう)を飲んでみては?」と言われた。

麻黄湯(まおうとう)という薬は初めてだったが、薬局で売られていた『コルゲンコーワ液体かぜ薬「麻黄湯」』(興和株式会社)を買って飲んでみることにした。

ホテルの部屋で夕食を食べた後、麻黄湯を飲んでベッドで横になっていると、汗が出てきた。

これは驚きだった。

今まで、寒気と関節の痛みと微熱が続いていて、おそらく汗が出ないと熱が下がらないだろう、と思い、とにかく汗をかこうと思って、暖房を効かせたり、厚着をしたりしてみたのだが、汗は(ほとんど)でなかった。

それが、この麻黄湯を飲んだら、なんと汗が出てきた。

汗まみれになったら、少し、体が楽になったような気がした。

汗が出てこんなに嬉しかったことは、今まであまりないと思う。

そういえば、薬局の人には、この麻黄湯は、かなり体が弱っているとダメで、体力がある人でないと飲むのをお勧めできない、特に、お年寄りにはお勧めできない、という注意を受けた。私は、まだ年齢的にも体力的にも、問題ないであろう、ということで麻黄湯を飲んでも大丈夫であろう、ということだった。

今まで出なかった汗が出た時に、この注意事項を思い出した。この注意事項は覚えておこう。

《備考》コルゲンコーワ液体かぜ薬「麻黄湯」の箱に記載されていた情報
・かぜのひきはじめに効く
 <かぜの初期症状>
  ●寒気・発熱
  ●ふしぶしの痛み

・眠くなる成分を含んでいません。

この記事のメインカテゴリ:
SNS: