今日は休日出勤、そして明日は朝5時出発!

昨夜のチリ大地震の影響で今日の1時半〜3時頃にかけて日本に1〜3メートルの津波がくるという警報や注意報が出ていて非常に気になっていたのだが、出勤して仕事をしておかないと明日の出張での業務に重大な支障が出るし、瀬戸内海だから多分津波の影響はないだろう、と思って出勤して仕事をした。

仕事中、地震のことが気になり、地震速報はマメにチェックし、その度に愛媛はやはり大丈夫そうであると確認でき、安心した。しかし、ある時、「会社が揺れた!」と思った時、その揺れたのは気のせいだったかもしれないと思いつつも、急いで妻に電話した。

「今、どこにいる?」

「エミフルMASAKIのデオデオの前の公園におるよ」

「今、地震なかった?」

「え!?気づかなかったよ」

「いや、気のせいかもしれない・・・が、一応、念のため、避難しておいたら?」

「(エミフルの)建物の上の方に移動しておいた方がいいのかなぁ・・・」

今思えば、私はあせりすぎだった。たしかにエミフルMASAKIや今の私の自宅は海が近いので心配ではあったのだが、太平洋に面していない松前町の海ではここまで心配することはなかったのだろう。

「たぶん、大丈夫だろう」と思って出勤したくせに、ちょっとでも会社の社屋が揺れたと感じると大慌てするあたりは、私自身が津波の不安を全く拭いきれていない証拠だった。だが、これぐらい心配して行動した方が安全のためには良いだろう、と思う。

さて、最近変則的に続いている頭痛が昼御飯を食べている時に起きたので、「これは休まないといけんなあ。それに津波も気になるし。よし、1〜2時間で片付けよう」と意気込んで仕事に望んだのだが、実際には6時間近くかかってしまった。13時頃出勤した時は、2時間ほど働いて15時過ぎの電車にでも乗ってエミフルMASAKIにでも遊びに行こう、と思っていたのだが、思った以上にやることが多くてそれを片付けていくうちに、会社の中で夕焼けを見てしまい、日没・・・。電車に乗ったのは19時16分頃だった。

そこで面白い(本当は面白くない)勘違いが・・・。

20時前に家に着いて晩御飯を食べていると、「何だか今日は早く帰ってこれたなあ。楽だなあ。」と、今日が平日のフル出勤の日と勘違いした感想を持ってしまったのだ。

「なんかオカシイ」と思うし、明日は朝5時に会社を出て出張だから早起きがキツイなあ、と思いながらこの記事を書いているのだけれど、娘と少しだが遊べたり(いつも帰宅すると寝ている)、今がお風呂上りで身体がほぐれているせいもあってか、「今日は楽だった」という変な勘違いがさらに増している。

「なんかオカシイ」のだが、まあいいか。津波警報も一部解除されたみたいだから、もうあまり津波を気にせずに、安心して寝て良さそう。

眠気全然来ないのだけれど、そろそろ寝ないと午前4時起床が難しいなぁ・・・。

  
 

前へ

PostgreSQLのエラー「psql: FATAL: Ident authentication failed for user "postgres"」の解消方法〜コンソールでpsql -U postgresが失敗する場合〜

次へ

明日(3月4日)はドラクエ9の2つ目の誕生日