2007年2月12日アーカイブ

おすすめ度:★★★★☆

ウイルス感染により肉体が強化された人間「ファージ」とまだ感染していない人間は互いの存亡をかけた戦いを繰り広げていた。ファージの殺し屋ヴァイオレット(女性)は、人間側が開発したファージを絶滅させる最終兵器を奪取するが、その兵器とは幼い少年だった。人間側もファージ側も少年を殺害しようとするが、ヴァイオレットは両者を敵に回して少年を救おうとする。

  • ヴァイオレットはマトリックスのネオのように超スピードで弾丸を避けることができるが、ネオのように弾丸を止めてしまうような超能力は持っていない。その代わりに銃や刀などの武器が何もないように見えるところから実体化するテクノロジーがあり、すごいなぁ、と思った。
  • アクションシーンは派手で爽快感があるが、ヴァイオレットが強すぎる感があり、ハラハラ感があまりない。最後の敵を除いてピンチに陥った時がないような気がする。最大の敵は、ファージであるための短命(残り36時間の命)ということだろうか。もう少し強い敵が欲しかった。
  • さらに明らかにCGだと分かってしまうような描写が多用されているため、迫力とか緊迫感に欠けるところもあった。
  • 私の好きな炎の剣(フレイムソード)が登場する!この剣を使った決闘シーンは良かった。特に闇の中で炎の剣が振るわれていたため炎が際立って良かった。
  • とは言え、全体的にテンポ良いストーリーと派手なアクションで格好いいシーンも多々あり(特に前半)、結構楽しめたと思う。


《備考》
監督:カート・ウィマー(Kurt Wimmer)

◆キャスト
ヴァイオレット(Violet):ミラ・ジョヴォヴィッチ(Milla Jovovich)


ロッテのドラえもんミルクチョコレートをもらった。誰にもらったかと言うと私の母親。少し早いが、どうやらバレンタインらしい・・・。
(撮影:11時17分)
ドラえもんは好きなのだが、もうちょっと濃い味のチョコレートだとなお良かったと思った。
(撮影:11時18分)

フジ松前店の斜め向かいにある二神書店が休業している。このことを知ったのは、つい4日ほど前のこと。店舗の中からは本も本の陳列棚も撤去されている。店の自動ドアには「2月1日より休業します」と書かれた張り紙があるだけなので、どうしてこのようなことになったのかはうかがい知ることができない。「休業」という言葉をそのまま受け取れば「閉店」ではないので、将来的には再びこの書店が営業を再開することがあるかもしれない。

二神書店がなくなってしまうと、松前町にある本屋さんは明屋書店、あとは古本屋のShraraku堂(写楽堂)と(私の家からは遠いのでまだ私は行ったことがないがちょっと前にできた)松前書店ぐらいだろうか。どの店も私の家からは離れているので気軽には利用しづらい。圧倒的に近所だった二神書店が早くも懐かしい。

二神書店は特にレンタルビデオを借りる時に重宝させてもらっていた。新作ビデオでもいつでも一泊200円だったのは安くて良かった。また、貸し出し中などの理由であるかどうか分からないレンタルビデオをお店に行ってチェックしてあった時には借りる、というスタイルが私は好きなのでお店は近所なのが良い。これからはレンタルビデオを借りるお店は、松山市余戸のDUNKだけになりそうだ。DANKは1のつく日は新作でも100円なのでこのDANKも従来から利用しており、このDANKも気に入っているが、やはり近所で利用しやすい二神書店がなくなったことはつらい。二神書店が近いうちに復活してくれることを祈っている。

おすすめ度:★★★★☆

米国のスパイ組織に属するイーサン・ハントは、プラハでのミッションで裏切り者の容疑をかけられ、逮捕されそうになる。イーサン・ハントは、自分のチームが裏切り者調査のために全滅したことに憤り、自分をはめた者を見つけ出すためにCIA本部に侵入して機密情報を盗み出す・・・。

  • イーサン・ハントを追跡しているキトリッジが、イーサン・ハント達が利用していたアジトに乗り込んでこないのは不思議だった。
  • 他の映画では比較的格好いい役ばかりやっているジャン・レノがこの映画ではドジで情けない役をやっているのでちょっと面白い。
  • 列車が通るトンネル内をヘリコプターが飛行するシーンでは、ヘリコプターの操縦が大変うまいもんだと感心してしまった。ヘリコプターを運転したことはないが、トンネル内をヘリコプターで飛行するには大変な技術が要されるのではないだろうか。この時は、クリーガー役を演じるジャン・レノがちょとだけ格好よく思えた。


《備考》
監督:ブライアン・デ・パルマ(Brian De Palma)

◆キャスト
  • イーサン・ハント(Ethan Hunt):トム・クルーズ(Tom Cruise)
  • ジム・フェルプス(Jim Phelps):ジョン・ヴォイト(Jon Voight)
  • フランツ・クリーガー(Franz Krieger):ジャン・レノ(Jean Reno)

バッテリー切れ

| コメント(0)
車のキーのリモコンを押してもまったく反応がなく、リモコンキーの電池切れかなぁ?と思いながらキーを直接ドアに挿してドアを開閉し、エンジンをかけようとした時に真相が分かった。エンジンがかからない!最後に車を運転した妻が自己申告したところによると、ライトを消し忘れていたらしい(昼間の運転だったのに何故かライトをつけてしまっていたらしい)。バッテリー切れ・・・。今日は特に予定もなかったからあせってはいなかったのだけれど、さてどうしたものか・・・。
妻の父親にきてもらい、妻の父親の車と接続してバッテリーを充電してもらった。
(撮影:14時47分)
このような道具を持っているといざという時に役立つと思った。義父に感謝。
(撮影:14時50分)

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月11日です。

次のアーカイブは2007年2月14日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ