2006年10月14日アーカイブ

はつか大根 ミニこまちの種を蒔いてから今日で5日目。プランターからも・・・
(撮影:13時20分)
・・・地面からもいつの間にか芽が出ていた!
(撮影:13時21分)
土を押しのけて、もっと伸びてこーい。
(撮影:13時26分)
自宅のアパートの共同庭の片隅に蜘蛛(クモ)が大きな巣を作っている。このブロック塀の角に巣くっている大小2匹の蜘蛛は、親子なのだろうか。
(撮影:13時43分)
身震いしながらも、もっと近づいて撮影。蜘蛛はおろか虫全般が苦手なのに何故撮影したかと言うと、妻が「こんなものこそ撮らんと!ブログのネタになるよ」と勧めてくれたから。まぁ、たしかにそうかもしれない・・・。
(撮影:13時44分)
蜘蛛を側面から観てみる。スリムだなぁ。こうして撮影した写真をパソコン画面で拡大してみると、最初は「ひゃーっ」と驚きまくっていたのだが、だんだん慣れてきてしまった。とはいえ、もちろん間近で見たり、触ったりするなどということは無理だと思うが・・・。

・・・数日後、この蜘蛛の巣はアパートの定期清掃に訪れた業者の方によって撤去されていた。その後、蜘蛛の巣はまだ張られていない。蜘蛛の親子はどこか別の場所で暮らしているのか、それとも・・・。
(撮影:13時44分)
どぶ川をのぞきこむ白猫。尻尾をたらしながら見ているものは・・・
(撮影:15時14分)
・・・鯉(コイ)。猫が魚を目で追う様子はなかなか面白い。

どぶ川をたくさんの鯉が泳いでいたので妻に電話で報告してみたところ、妻、義母が家からすっ飛んできた。2人とも満面の笑みをたたえながら、子供のようにはしゃいでいた。残念なことに、8ヶ月の娘にはまだよく分かっていないようだった。もう少し娘が大きかったら、娘もきゃっきゃ、きゃっきゃとはしゃいでくれただろうから、今日の妻と義母のはしゃぎ様と比較できて面白かったかもしれない。

ところで、この鯉は川が浅い上に体が大きいため、背びれが水面より上に出ている。あと少し水位が下がったら、泳ぐのがしんどくなるかもしれない。
(撮影:15時17分)
他の鯉たちは小さめなのでこの深さでも十分なのかもしれない。このように仲良く群れを作っている鯉を眺めるのは面白い。
(撮影:15時19分)
錦鯉もいた。
この鯉たちは、ずっとこのどぶ川で暮らしていくのだろうか。それとも、大きな川にでも出るのだろうか。また日を改めて見に行ってみたい。
(撮影:15時20分)
散歩中にかわいらしい仔猫を発見!

猫好き夫婦は、目の色を変えた。猫!猫!猫!しかも、仔猫!!!さらに、なんてかわいいやつなんだ。早く撮らなくては。たくさん撮らなくては。(8ヶ月の)娘よ、頼むから大声をあげたりはしないでね。
(撮影:17時37分)
・・・驚かせたつもりはない。しかし、仔猫はびっくりして逃げていく。
猫好き夫婦から漂ってくるオーラが怖かったのだろうか。
(撮影:17時38分)
待って・・・。
(撮影:17時38分)
・・・そんなに遠くまで逃げなくてもいいじゃん!
(撮影:17時38分)
お、別の仔猫(でもさっきのよりは大きい)がこちらを見てくれた。なかなかかわいい三毛猫。
(撮影:17時39分)
あんたは、さっきの仔猫たちの親猫かい?仔猫を呼び寄せてもらえんかねぇ?
・・・諦めた。
(撮影:17時41分)
さきほどの場所とはちょっと離れたところ。
猫にとっては安全と思われる場所に身を隠しながらじっとこちらを観察している様子が面白い。この白猫の顔はどことなくユーモアがある。目の角度と口元の輪郭に愛嬌がある。

次にこの野良猫たちを見かける時は、残念なことに仔猫の時期を通り過ぎた頃かもしれない。仔猫の時に見かける機会があればいいなぁ。
(撮影:17時47分)

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月 9日です。

次のアーカイブは2006年10月15日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ