機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

Zガンダムとしては初の劇場版映画で、昔のテレビ放映から20年も経過した今年(2005年)に公開された。当時の古い映像だけを圧縮して編集したわけではなく、新しく描き直した映像も入っている。最後の方(アムロが輸送機を奪ってシャアと再開するラストまで)は、ほとんど新しい映像だったような気がする。この映画を観る前は、テレビ版を全て観ているので、話が多少飛び飛びになっていても理解できるだろうと高をくくっていたが、実際に見始めると、話の流れについていくのがやっとだった。テレビ版を観たことがない人にとっては、意味不明な映画になるに違いない。新旧の映像が混じることで、懐かしさと新鮮味がうまくコラージュしていたような気がしたが、やはり、新しい映像だけで作り直してほしかったなぁ。

前へ

shutdown -h nowで電源が切れない

次へ

原作:大場つぐみ・漫画:小畑健 『DEATH NOTE 第9巻』